我が家が毎年200万円貯金できる理由。心がけていることは?

スポンサーリンク
お金

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

突然ですが、私は3歳と10ヶ月の子どもを持つ、母親です。

仕事は産休中。

子どもが一歳になる月には仕事復帰します。

旦那はお菓子会社のサラリーマン。

結婚する時に言われました。

「専業主婦はさせてあげられないと思う」

 

それを承知で結婚。

私の方が手取りが良い、という関係。

 

世間ではしきりに「子どもができる前に、また小さいうちにお金をためろ」と言われる。

我が家はどうするか?

そうだ、私の給料は全額使いきって、夫の給料には一切手をつけないようにしよう!

 

 

これが我が家の貯金のはじまりのはなし。

 

 

これで年間200万円づつ貯金できる仕組みが出来上がりました。

 

 

 

この時期の私たちは、お金関する本を片っ端から読み漁っていた時代。

これが後に言う図書館戦争です(違う

 

 

どの本を読んでも同じことが書いてありました。

お金を貯める方法は2つ

支出を減らす(節約する)こと

それから収入を増やすこと

アプローチの方法は違っても結局この2つです。

 

 

それからどんなお金の本にも共通点もう一つ。

最後は必ず投資の話になるということ。

 

 

しかし、この時すでに夫は投資をしていました。

我が家のお金を使うルールは2つ。

・お小遣いはひとり3万円。それで自分のやりやいことや欲しいものは完結させること。ただし家族全員で出かけた時に使った支出は家のお金から出る。

・結婚前までにためた貯金はお互い自由に使って良い。

 

夫はこの、結婚前までにためたお金でFXを始めたんですね。

期間にして半年ぐらいでしょうか。

ちょうどスイスフランショックがあった時のことでした。(我が家は被害なしでした)

 

この時に夫は自分なりにいろいろ調べてやっていたそうです。この時の夫の独り言から私は投資に関する知識と興味を得たように感じています。

 

結果として夫は50万円ほどFXで溶かして、「自分にはFXは向いていない」と悟ったようです。

この経験を通して夫の良い所が2つ見えて来ました。

 

50万円を損しても勉強代だった、と前向きなこと。

それから損をしても私に虚偽なく報告ができたこと。

 

この時の私は夫に対して批判的でした。だって50万円あったら他のことに使った方が有意義な気がしたから。

FXさえしてなければ他に欲しいもの買えたじゃん!もったいない!

そんなことを言った気がします。

でも過ぎたことは言っても仕方ないし、やってみることもなく批判をするのはちょっと違う、と思うようになりました。

 

 

それからは堅実な投資信託に切り替えて毎月15000円受け取りができているようです。

 

 

そんな夫を見て、自分もちょっとNISAをはじめてみようかな、と思い始めたんです。

はじめは本屋に行って、株式投資の本を買って読んでみようとしましたが、やったことないことは、何が分からないのかが分からないんです。

これはもうやってみるしかない、と思うようになりました。

 

そんな時に、たまたまおつきあいのあったフィナンシャルプランナーの方が大和証券女性スタッフのHさんを紹介してくれました。

とりあえず話を聞きに行くしかない、と思い、話を聞いてその場で口座開設をしました。

ネット証券も手数料的には魅力的なのですが、やはり最初なので教えてくれる人が欲しかったんです。

Hさんは私が子どもを連れて行ってもいつも嫌な顔をせず、ニコニコとしてくれています。

また同い年ということもあり、話もしやすいです。

 

こんな経緯で株に投資を始めてまだ3ヶ月ですが、結果として初めて良かったと思っています。

 

思い立ったらすぐ行動!これに尽きます。

 

株に使っているお金は結婚前の自分の貯金から出しています。

家のお金には手をつけない。

これが我が家のルールです。

他にもオークションや、覆面調査員、占い師、カメラマンとしての収入など小銭を稼ぐ手段はいろいろ持っていますが、本業以外で稼いだお金は全て自分で自由に使って良いというルールに我が家はなっています。

 

それから、物を買う時には出来るだけ良いものを買うということです。

これは安物買いの銭失いをしない、という我が家のルールで、過去に掃除機を買って大失敗したことが元になっています。

なんでも何十万もするブランド品ばかりを買え、と言っているのではないです。

先ほどの掃除機の例で説明をすると、

掃除機なんて吸えればいいじゃん!メーカーなんてどこでもいいっしょ!ということです1万円程度の掃除機を購入したんです。

ところが、半年も使わないうちに不満だらけになってしまったんです。

掃除機のヘッドの自由度が低いから掃除に時間がかかる上にイライラが募り、サイクロン式だったのでその部分を洗うのが非常に手間で、しかも上手にゴミを吸えない!音がうるさいだけ!本体も重い!

 

そこで、今度は失敗しないぞ、というつもりで日本の名の知れたメーカーの6万円代のものを購入。

すると、ヘッドは自由だし、掃除機本体の手入れも楽だし、ヘッドの先にライトがついてて掃除しやすいし、いいことづくしでした!

 

また時計やカメラ、鞄、車なども妥協せず出来るだけ最上位のものを購入するようにしています。

「1番良いものを持っている」という満足感が「もう一個新しいものが欲しい」という欲求を抑えてくれるようになります。

 

とにかく安いものを買って、すぐ壊れた、すぐ不満が出た

そして、新しいものを買い直す…

という部分を徹底的に排除したかったんです。

 

子供服も、安いものはすぐにヨレヨレで毛玉になってしまうけれど、ある一定以上の価格で買えば驚くほどヨレません!

 

 

買い物が減るというのは思った以上に低労力ですよ!

 

また欲しいものは我慢せず買うようにしています。

定番商品は良いかもしれませんが、今年度モデルとは、一点ものだったりするとあとから欲しくなっても、もう手に入らないんですね。欲しいものを買わずにいるとストレスがたまります。

もちろん、予算との折り合いもありますが。

 

それから、今年、結婚6年目ですが、家計簿を欠かさずつけ続けています。

私は、掃除できない、ゴミが捨てられない、ものが片付けられないので胸を張って「やっている!」と言えるのはこれぐらいです。

朝も起きられないし、新婚当時2年間以上は夫が料理もしていたし…(汗

 

 

ぶっちゃけ、ただつけているだけで3ヶ月分まとめてつけたことがあることも白状しておきますが、でも、ちゃんとつけてます。

これが活躍するのは年1回の夫とこれからお金や家族をどうしていくか会議のとき。

 

日常会話の中でもお金の話はしょっちゅうするんですけど、友人とかに聞くと意外と夫婦でお金の話題にならない家庭が多い様子…

私はどんどんそういうことを日常的に話した方が良いと思っています。

それはもちろん、意識共有した方がいいでしょ?

 

 

まとめ

・安物買いの銭失いをしない

・思い立ったらすぐ行動をする

・家計簿などをつけて家計を 夫 婦 で 共有する

 

何か質問があればなんでもどうぞー!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

しっかり稼げるフューチャリズム

コメント

  1. […] 、買って不満が出るとまた新しく欲しくなるので、お店に行って不満が出ない車両をください、と言って買いました。 詳しくはこちら→我が家が200万円貯めるのに心がけていることは? […]